埼玉県火災共済協同組合


埼玉県火災共済協同組合について


火災共済制度は、昭和27年8月、事業協同組合による福利厚生事業の一環として、火災共済を目的とした協同組合が北海道に誕生したことにはじまっており、昭和32年11月の第27回国会で中小企業等協同組合法の一部改正によって火災共済協同組合制度として確立されました。

これを受け各県において火災共済協同組合が誕生いたしましたが、当県においても相互扶助の精神に基づく中小企業者のための共済として昭和35年に設立され、その後の事業範囲の拡大を経て、現在では火災共済のみならず自動車共済をはじめとする各種の共済事業を行っています。

県内の商工会議所、商工会、また中小企業団体中央会に加入する事業協同組合の一部など約150の団体が取扱いの窓口になっており、それぞれの会員事業所にひろく薦められています。




 最新情報

 2022年5月

サイト・リニューアル (暫定バージョン)


 2021年1月

火災共済の掛金料率の変更と制度の大幅な拡充を実施しました。

   水災の補償内容の拡充
   借家人賠償制度の新設他

 2020年1

地震危険補償特約を追加しました